会長挨拶

 本学会は1974年に研究会として発足以来、早や40年を数えるに至りました。今回は節目の年に当たることから、学術集会一日目に40周年記念式典・祝賀会が執り行われます。この記念すべき学術集会を岩手医科大学で主催させていただきますことは誠に名誉なことであり、岩手医科大学形成外科学講座を代表して会員の皆様に厚くお礼申し上げます。
 日本が世界に先駆け主導してきた形成外科・整形外科領域におけるマイクロサージャリーの発展は目覚ましいものがあり、現在では当然の手術手技として確立されたものとなっています。また、過去十数年はその洗練ということが大きなテーマであったかと思います。今回は、40周年を記念する学術集会であることから、そのテーマを「原点から未来へ」と題して企画させていただきました。研究会発足以来、本学会を主導されたパイオニアの先生方に貴重なご講演をいただくことで原点を再確認し、切磋琢磨されている若手マイクロサージャンにアイデア・イノベーションなどを含む新規性を発表していただき、新旧の交流を介して未来につなげようという趣旨からです。
 以上のことを踏まえ今回は、パイオニアの先生方の教育講演と若手の先生方によるパネルを中心に置きプログラムを企画させていただきました。若手の先生方にお願いするパネルでは、パイオニアの先生方から経験を踏まえたコメントをいただき、更なる発展につなげることを目的としています。また、世界の現状を俯瞰すべくWSRMの会長であるLawrence Scott Levin先生に特別公演をお願いしました。その他にも、ランチョンセミナーやパネルディスカッションなどを企画いたしております。
 記念祝賀会では、現在まで本学会を主導されてきた波利井清紀先生と玉井進先生に記念講演をお願いしました。研究会発足前後からの世界との交流や日本の成果を踏まえたお話の中に、今後が見えてくるのではなかろうかと思っております。
 開催時期につきましては、過ごしやすい盛岡の早秋を味わっていただければとの思いから、例年よりより早い9月末にさせていただきました。他の学会との兼ね合いで不都合をおかけすることもあるかと存じますが、ご容赦の程お願い申し上げます。
 形成外科・整形外科領域のマイクロサージャリーに関する診断・治療の研究・開発とともに本学会で得られた情報を患者の皆様や医療者に発信することが本学会の大きな使命であり、本学会の成果は明日の医療の進歩につながるものであります。何卒、全国より多数のご演題と多数のご参加をいただきますようお願い申し上げます。

日本マイクロサージャリー学会
40周年記念学術集会
会長 小林誠一郎



  学術集会事務局

岩手医科大学 形成外科学講座 内
〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
Tel:019-651-5111(内線2364)
Fax:019-651-8402
運営事務局

有限会社ヤマダプランニング
〒020-0011 盛岡市三ツ割字久保屋敷13-21
Tel: 019-663-1801
Fax: 019-663-1802
Email: cvs@yamada-planning.co.jp

Copyright 2013 The 40th Annual Meeting of the Japanese Society of Reconstructive Microsurgery. All rights reserved.